プリンターを購入する際に抑えておきたいポイントとは

トナーの利用

そもそもトナーとは何ですか

現在のプリンターやコピー機では、印刷するときにインクの代わりにトナーを使います。 トナーとは、プラスチックのような電気を帯びる性質のある細かい粒子に黒鉛などの色のついた細かい粒子をくっつけた微粒子のことです。このトナーを静電気の力で紙に付着させて、熱することで紙にくっついたままにします。 一般に、トナーはカートリッジに入れられてプリンターにセットされます。カートリッジとは、箱のような容器のことで、メーカーごとに違った構造をしていて互換性がないのが普通です。このトナーカットリッジは消耗品ですから、コストを抑えるためにリサイクルされたものを使うこともあります。リサイクルトナーとは、このようなものをいいます。

リサイクルトナーは印刷コストを抑えるために使われます

リサイクルトナーとは、トナーカートリッジを再利用して、空になったカートリッジの中にトナーを詰めたものです。トナーカートリッジ自体は、数回の再利用が可能です。そこで中身だけ換えたリサイクルトナーは、純正品などに比べて格安ですから、ランニングコストが少なくて済みます。 このようなリサイクルトナーは、プリンターの故障の原因になることもありましたが、信頼できる業者のものでしたら問題なく使えます。それは、使用済みのトナーカートリッジを良く洗い、点検して故障部分があれば修理して、トナーを詰めているからです。そのため、現在のリサイクルトナーの性能は、信頼できる業者のものでしたら、純正品と比べても遜色のないレベルまで向上しています。

Copyright© 2015 プリンターに使われている優しいトナーについて|リサイクルトナー All Rights Reserved.