プリンターを購入する際に抑えておきたいポイントとは

リサイクル品もある

リサイクルトナーとは

プリンターのインクにはトナーがり、それにはリサイクルトナーというものがあります。リサイクルトナーにはメーカー純正品や海外で販売されているトナーを輸入した輸入純正品、互換トナーなどの汎用品よりも価格が安いのが特長です。最近では再充填されたトナーが純正品の純正リサイクル品を販売しているプリンターメーカーもあります。 消耗品以外を再使用するリサイクルトナーは純正品と比べてきわめて割安であり、コスト削減効果が非常に高いことから人気です。多くの場合、純正品の定価の半額以下で販売されていますが、1割程度の価格で販売しているリサイクルトナー業者もあります。

保証のある製品でトラブル対応

リサイクルトナーは純正品や汎用品、メーカー純正リサイクル品と比べて不良率が高いのが特徴です。リサイクルトナーの不良とはリサイクルした部品の劣化や搭載されているICチップの書き換えミスなどでおこるトラブルのことです。具体的な不良とはなにも印字されない、真っ黒になる、縦に白い筋が入る、文字がにじんだり抜けたりする、汚れるなどの印字ミスです。 初期不良の起りやすさはリサイクルトナー業者により多少の違いがありますが、不良率はおおよそ3パーセント程度であるとされています。純正品の不良率は1パーセント程度です。 リサイクルトナー業者のなかには保証期間を設けて無償修理や修理代金の保証などをおこなっている場合があり、トラブルに対応しています。

Copyright© 2015 プリンターに使われている優しいトナーについて|リサイクルトナー All Rights Reserved.