プリンターを購入する際に抑えておきたいポイントとは

価格競争での変化

激しさを増す価格競争と今後

リサイクルトナーとは、メーカー純正品の空のトナーカートリッジを洗浄、修理したもので、新しいトナーを充填し、販売します。 再生品であるため、低価格で販売できるというメリットがある一方、初期不良が起こる可能性も純正品より高くなるというデメリットがあります。 リサイクルトナーが低価格で販売できる理由として、再生品であるということ以外に、販売業者間の価格競争が激しいという理由があります。これにより、純正品の1割の価格で販売を行う業者も出てきました。 今後も価格競争は続くと思われますが、それでも純正品のメーカー、がリサイクルトナーと同価格の商品の販売に乗り出すことは無いと思われます。理由としては、やはり純正品にはメーカーという安心感があるという点にあり、価格を落として、初期不良を起こす可能性のある商品を販売することはできないと思われるからです。今後もそれぞれのメリットとデメリットを保つ現状がしばらく続くと思われます。

リサイクルトナーか純正品かは使用目的から検討しよう

リサイクルトナーは初期不良が起きる可能性が純正品より高いというデメリットがある一方、圧倒的な低価格というメリットがあります。 純正品は、高価格というデメリットがある一方、安心感がリサイクルトナーより高くなっています。どちらを使用するかは個人の自由ですが、個人的には、利用目的から判断するのが良いと思われます。 例えば、大量に印刷を行う必要があり、プリンターも大量に使用する場合であれば、多少の初期不良が起こることを考慮しても経費を圧倒的に抑えることができるリサイクルトナーを利用する方が良いと思われます。一方純正品は同一メーカーのプリンターを使用することにより、高パフォーマンスを提供できるように製造されているため、高品質の印刷技術を求めるのであれば、純正品を利用するべきだと思われます。 使用目的をよく考慮して判断しましょう。

Copyright© 2015 プリンターに使われている優しいトナーについて|リサイクルトナー All Rights Reserved.